PR
検索

【TAMATA】「第8話 救世主」・・・冷静に考えると胡散臭いが!?

2017年8月17日発売の週刊ヤングジャンプ No.38(通巻No.1837)に掲載の「TAMATA」の第8は、これまでの展開から一転、とある一室で少年に向かい「家庭教師の田畑と申します」と自己紹介している明らかに田俣 澄(たまた すみ)さんと思われる女性が登場するシーンからスタートしました。

今回の話しはその経緯、表紙に至る一週間前の話だそうです。

続きを読む »

【TAMATA】登場人物・・・田俣と親しげな謎の女性、鈴木さん 第7話〜

8月3日・・・田俣の経営するカフェ・夕飯が閉店。経営者の田俣 澄がその背景に陰謀を感じた時、その女性は誌上で初めて姿を見せたのでした。

続きを読む »

【TAMATA】「第7話 理不尽」理不尽というか違和感・・・だよね・・・

2017年8月3日発売の週刊ヤングジャンプ No.36,37 合併特大号(通巻No.1836)に掲載の「TAMATA」の第7は、前話で月刊コア編集長が仕掛けた、カフェ・夕飯の商店街店主の乱入騒動の続きでした。

タマタと存在しない商店街からの訪問者達の戦闘は激化・・・。

続きを読む »

【TAMATA】登場人物・・・月刊コア編集長 第6話〜

月刊コアとは田俣 澄が経営するカフェ・夕飯を繁盛店に押し上げるきっかけの記事を書いた月刊誌。より刺激的な記事を求めるために手段を選ばない編集長。

続きを読む »

【TAMATA】「第6話 編集長」 編集長までイカれてやがる・・・

2017年7月27日発売の週刊ヤングジャンプ No.35 通巻No.1835 「TAMATA」の第6は、経営が順調っぷりのカフェ・夕飯の日常からスタートしました。いつもどおりドジを仕掛けたアルバイトの足立 律彦(あだち りつひこ)を店主の田俣 澄(たまた すみ)がパン切り包丁で華麗にフォローするという日常・・・

続きを読む »