PR
検索

【キングダム】第562話 [恐将] 読みました。敵味方がわからないほどの乱戦・・・


2018年6月21日発売の週刊ヤングジャンプ 2018 No.29 に掲載の キングダム 第562話「恐将」を読みました。前話までの飛信隊による大活躍。ここからは壁(へき)将軍が楊端和(ようたんわ)に誓った「兵糧を奪われた失態を取り返す」ことに向かって躍進していきます。

本陣に切り込む壁だが・・・

乱戦を抜け、敵本陣へと切り込む壁将軍。でしたが、敵将「ブネン」の姿が見えたところで、「ブネン」の本体から猛攻を受けます。

これまでの兵とは比べものにならない強力な兵の前に、壁軍は一気に劣勢へと転じるのでした。

壁将軍、絶体絶命・・・

壁将軍の前に突如現れた敵兵のひと太刀に、壁は防御するのが精一杯。馬からはじき飛ばされ地へと伏すのでした。

「ブネンの精鋭部隊は本陣守備にあてられていたのか」と読み違いを目の当たりにした壁。

しかし時既に遅しか、地に伏した壁の前にブネンの精鋭部隊がとどめを刺そうと立ちふさがるのでした。

メラ族の応援が駆けつけた!

そんな絶体絶命の壁の前に駆けつけたのは楊端和のメラ族でした。右に張っていたメラ族のカタリとキタリが乱戦に割って入り、ブネンの精鋭部隊と互角かそれ以上の戦いを展開し始めるのでした。

ブネンの異常な戦術・・・

戦局は再び、壁に傾きかけたかと思った矢先、敵将のブネンがなんと、ブネンの精鋭部隊と壁軍がぶつかり合っている乱戦の中へ、弓兵による攻撃を仕掛け始めたのでした。

当然、矢はブネンの精鋭部隊にも襲いかかり、被害は敵味方共に発生するのでした。

ブネン優勢か!?

一進一退の攻防から最後には敵味方関係なく戦いが展開されていくのには驚きました。ブネンが敵味方関係なく攻撃を仕掛けるくらいなので、ブネンが優勢になるのだろうと思いますが、

ここで新たに壁軍に応援が駆けつけることがあれば、ブネンの分が相当悪くなるのではないでしょうか?

果たして、次号どう展開されていくのでしょうか!?

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

コメントをどうぞ